化粧水と乳液の違い

化粧水と乳液の違い

化粧水と乳液の違いとは何?

化粧水と乳液の違いは、簡単に説明すると、

化粧水…肌の調子を整える
乳液…肌の保湿、水分の蒸発を抑制

となります。
一般的に、よく言われているのは、
化粧水で水分補給して、乳液で表面にフタをする
ですが、これは、理論的には間違いです。
つける順番自体は、
化粧水⇒乳液(美容液がある場合は、美容液の後)
で、あっていますので、理由を正確に知らなくても、特に問題は無いのですが、化粧水と乳液の役割をしっかり把握すればスキンケアにも役立つので、知っておいて損は無いですね。

化粧水と乳液の真のはたらきとは?


では、化粧水から順番に見ていきましょう。

化粧水

化粧水に、水分補給効果は期待出来ません。
ですから、化粧水で、外側から水分を補ってあげても、肌の奥へは浸透されないのです。
分かりやすく書くと、肌の表面付近までしか、浸透せず、蒸発しておしまいなのです。

化粧水の主な成分は、なのです。
洗顔の水だけで肌がうるおわないのと同じです。

「では何のために、化粧水はつけてるの?」

と、疑問に思われますよね。ちゃんと理由があるのです。
それは上記にあります「肌の調子を整える」ことです。
具体的に言うと、角質の調子を整えるのです。
この角質のある角質層の調子が良くなってくると、美容成分の浸透率がアップするのです!
ですから、美容液の前に化粧水を使うと、美容液の成分をしっかり肌に浸透させることが出来るのです。
もし、美容液を使っていなくても、化粧水自体に美容成分が含まれているものも多いため、化粧水だけでもしっかり効果は出ているはずです。

「化粧水」のことが分かってきたところで、次は、「乳液」について説明します。

乳液

乳液は乳液の中の保湿成分によって潤った角質層の水分を逃がさないように保つためにあります。
ですから、乳液は化粧水の水分蒸発を、防ぐためのものではありません。

化粧水で説明しましたように、化粧水の水分は、肌にほとんど吸収されません。
そこで、乳液は、保湿成分を助けるはたらきをしている、と考えたら理解しやすいのではないでしょうか。

これで、化粧水と乳液の違いはわかっていただけたかと思います。
最初に書いた「化粧水で水分補給して、乳液で表面にフタをする」は間違っていることに納得してもらえたかと思います。

しかし、知識としては分かっていただけても、次のステップが重要です。
それは、それぞれの効果・特徴を最大限に引き出すに、それぞれの使い方を知ることです。

では、化粧水と乳液の正しい使い方について、説明します。

化粧水と乳液の正しい使い方

先に重要なポイントをまとめておきます。

化粧水はタップリと多めに
肌質や顔のパーツごとに適切なケアが必要
季節の変化に合わせてケアも変える

となります。

基本的なケアとしても重要ですから覚えておいてください。
では、具体的に見ていきましょう。

化粧水はタップリと使いましょう!

高い化粧水だと、節約したい、もったいない、とおっしゃる方も多くいらっしゃいますが、これはもったいながっていると効果が十分に発揮されません。
値段は安くても肌に合うのならば、しっかりタップリと使い十分に効果を出しましょう。

適切なケア

適切なケアというのは、出来る限り化粧水はコットンを使うことをおすすめしたいです。
2つ理由があります。
1つは、手にまで化粧水を染みこませてしまうわけでこれが一番もったいない。
1つは、手の雑菌が顔に移る可能性がある。
以上の2つが主な理由です。
清潔なコットンで丁寧に化粧水を浸透させることが一番綺麗への近道です。
もちろん、手をしっかり綺麗に洗い、化粧水も更に多めにしてしてもらってもよいのですが、やはりもったいない、につきます。

乳液に関しては、手で大丈夫です。乳液の正しい使用方法に記載した通りです。
あとは、化粧水がある程度、肌に馴染んでからつけてもらった方がいいです。
時間で言うと、目安は3分ほどだと言われます。

肌質や顔のパーツでケア方法を変える

化粧水も乳液も、どの部分にも同量を使用していませんか?
顔は、皮脂が多い場所、おでこや鼻、Tゾーンや、皮脂が少ない場所、乾燥しやすい場所、頬や口周り、目元など、場所により、肌の性質が同じではありません。

完全に個人差が出るものです。ですからどこもかしこも同じ量でいいわけがありません。
例えば、皮脂が多い場所では、乳液の量を減らしましょう。
乾燥しやすい場所は、化粧水も乳液も多めにつけましょう。
つまり状態にあった適切なケアが必要なのです。

季節の変化に合わせてケアも変える

あなたもお気づきのように、夏と冬では肌質が異なりますよね。
汗をかきやすい時期は、乳液をつけすぎるのはよくないです。
寒い冬は乾燥しやすいので、乳液をしっかりつけ保湿を意識しましょう。

服装と同じです。季節にあった服装、肌ケアがあるのです。
うまく使い分けてくださいね。

化粧水と乳液の違いのまとめ


化粧水と乳液の違いについて、理解していただけたと思います。
正しい知識と正しい使用が化粧水や乳液の効能・効果を最大限に引き出せるのです。

綺麗なお肌は美人への近道ですし、自信にもつながると信じています。

化粧水・ローションのリアルタイムランキング



にほんブログ村←参考になったらクリックしてね♪

応援してくださると嬉しいです

にほんブログ村←今回の記事が参考になったらクリックしてくださいね♪
(ダイエットを中心とした記事を掲載していますが、少しジャンルが異なるものも食事の重要性、ストレス緩和などの観点から掲載しています。)

乳液

【新発売 総合リアルタイムランキング1位 美容 コスメ 香水リアルタイムランキング1位 おすすめ 送料無料・消費税込(期間限定) メール便】まごころオールインワンジェル
【新発売 総合リアルタイムランキング1位 美容 コスメ 香水リアルタイムランキング1位 おすすめ 送料無料・消費税込(期間限定) メール便】まごころオールインワンジェル まごころオールインワンジェル オススメ度:★★★★ コスパ:★★★★ 送料:無料 洗顔のあとは1ステップの簡単ケア 化粧下地がこれ一つで完結 購入はこちら 化粧水・ローションのリアルタイムランキング にほんブログ村←参考になったらクリックしてね♪ TOPページへ

続きを読む

資生堂 アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク L(90mL)
楽天市場でレビュー評価が1位の「乳液」を紹介
化粧水と乳液の違い
乳液の正しい使用方法

「乳液」記事をもっと見る

乳液 人気記事

記事が見つかりませんでした。