乳清の有効活用を調べたら意外な効果に感動!

乳清の有効活用を調べたら意外な効果に感動!


乳清というものをご存知でしょうか?
別名、ホエイと呼ばれる動物性タンパク質です。

私が乳清を調べることになったきっかけは、ギリシャヨーグルトを自家製した時の残りの液体が何か知りたかったのです。

今年の1月に楽天にて「ヨーグルトメーカー」を購入しました。
今まではヨーグルトをイオンなどで購入していたのですが、簡単に作れる!と聞いて作り方を調べていたら安い機械を発見したので、即決で購入したのです。
それがこれです。


商品をご覧になってもらえば分かりますが、基本的に自宅でヨーグルトを作るためには温度を一定に保つこと、時間がとても重要です。
それがこれ1台で出来てしまうという優れもの。
価格も昔はもっと高かったらしいのですが、送料込で4000円程度です。
これを使って、5日に1回1リットルのヨーグルトを作っています。
そしてできたヨーグルトを更に水切りして、ギリシャヨーグルトを作ります。
水切り方法は、単にコーヒーを作る際のフィルターを使ってこすだけなのですが、こされて残ったヨーグルトが水切り後のヨーグルトであり、ギリシャヨーグルトです。
こした際に出る薄黄色の水分こそが、乳清なのです。
最初、この酸っぱい匂いのする液体が気持ち悪いって思っていたのですが、名前を調べつつ、成分を調べたら、驚くほど優秀だったので、紹介します。


乳清とは何か

乳清は、動物性タンパク質のことであり、別名ホエイといいます。

動物性タンパク質は、乳・乳製品をはじめ肉や魚、卵などに含まれる成分です。
ホエイは、乳(牛乳)から乳脂肪分やカゼインなどを除いた水溶液です。
高蛋白・低脂肪で乳成分由来カルシウムなどの無機栄養分やビタミンB群をはじめ各ビタミン類など栄養価が高いこと、消化が速くタンパク質合成・インスリン分泌を促進することなどから、優れた食品であるとの認識が高まっています。
生クリームなどの代替として料理に用いると、カロリーを大幅に抑えるなどの用途があるようです。

そのため、ホエイを摂取していると強い筋肉を作ることが出来たり、免疫機能を向上させることが出来ます。
こうした効果効能を得るために、適切な量のホエイの摂取が必要となるのです。

栄養価の素晴らしさが乳清の魅力と言えます。
乳清は、牛乳から作ったヨーグルトの成分ですので、牛乳も調べてみました。

牛乳の成分とは

牛乳の成分を調べてみました。
カルシウム、たんぱく質、脂肪、炭水化物、ビタミン類が多く含まれています。
人の身体に不可欠な栄養素を多く含み、特に牛乳のカルシウムとたんぱく質は、体に吸収されやすいのが特徴と言えます。

カルシウム

カルシウムは骨や歯の形成、神経の伝達、ホルモン分泌、免疫機能の維持などに深く関わる成分です。
牛乳1本分(200ml)で成人の1日に必要なカルシウム推奨量の約1/3が補えます。また、牛乳のカルシウムは吸収効率が食品の中でも特に優れています。

たんぱく質

たんぱく質は体を作り、生命機能に欠かせない重要な成です。
たんぱく質には人には必須の必須アミノ酸をバランスよく摂取出来る理想的なタンパク質です。

脂質

脂肪はエネルギーの源でもあります。
細胞膜やホルモンなどの構成源であるだけでなく、ビタミン吸収の助けもします。

炭水化物

牛乳の炭水化物は乳糖です。甘味は砂糖の1/6程度と控えめです。
乳糖はカルシウムや鉄分の吸収を促し、腸内で善玉菌のごはんにもなります。

ビタミン

牛乳に含まれているビタミンは、ビタミンA、ビタミンB1、B2、B6などです。

乳清はダイエットに有効!

ダイエットに不可欠なのは、たんぱく質です。
良質なたんぱく質が基礎代謝の要となってくる筋肉には必要不可欠です。

乳清は、上記のように動物性たんぱく質ですから、乳清を捨てるなんてもったいない!となります。

また、ビタミンも幅広く摂取出来ることも魅力です。
ビタミンAは、目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力を強めたりする働き
ビタミンB1は、疲労回復効果
ビタミンB2は、発育促進に重要な役割を持つ、皮膚、髪、爪などの細胞の再生にも関与
ビタミンB6は、免疫機能の維持、皮膚の抵抗力の増進、赤血球のヘモグロビンの合成、神経伝達物質の合成などの生理作用、脂質の代謝

など、健康を維持するうえで必要な栄養素を含みます。
また、低カロリーなのが魅力です。

乳清タンパク

免疫機能を高めて病気になりにくい体をつくってくれる!

ホエイの栄養は、70%が乳糖、10%が塩分、15%がタンパク質、5%が脂質です。
特にホエイの栄養成分として注目を集めているのがタンパク質です。
このホエイタンパクを構成するアミノ酸は、必須アミノ酸の含有量が非常に高いのです。
必須アミノ酸は、体内では作られないため、食品から摂取しなければならない栄養素です。
それがこのホエイ=乳清が摂取可能なのです。

また、乳清タンパクは、免疫機能の向上が知られており、サルモネラ菌や肺炎レンサ球菌などの感染症に対して優れた予防効果のあることが知られています。
他に、すべての細胞中に存在するグルタチオンという抗酸化物質を増加させる作用があります。
グルタチオンは、活性酸素(フリーラジカル)の攻撃から体を守ってくれること、体内の免疫システムを活発化させる働きがあります。
加齢によりグルタチオンは減少して、病気にかかりやすくなります。特にアルツハイマー病患者のグルタチオン値が、低いことが知られていますので、グルタチオンを増加させることができれば、アルツハイマー病予防につながると考えられています。しかし、グルタチオンは食品として摂取しても、胃や腸からの吸収が悪いのが問題となっています。
そこで体内にあるグルタチオンを増やす方法を優先し、代替医療の分野で乳清タンパクに注目が集まっているのです。
アメリカで行われた実験では、乳清タンパクが生命体の寿命を延ばす働きを確認していることもあり、サプリメントとしても期待されています。

乳清の有効活用を調べたら意外な効果に感動!のまとめ

ホエイ=乳清に含まれる成分による効果を箇条書きします。
・筋肉修復(必須アミノ酸を多く含む)
・骨の形成、免疫機能維持(カルシウム)
・免疫力アップ(乳清タンパク、ビタミン)
・整腸作用(乳糖による)
・ダイエット(必須アミノ酸、カルシウム、低カロリー)

と分かりました。乳清を使った料理もいろいろ出ているようです。
私の場合、ミネストローネを水の代わりに乳清(ホエイ)を使っています。
タンパク質は基本的に熱変性しやすいので、どこまで成分が有効活用出来ているのかは定かではないのですが、捨てるのだけは避けたいと思っています。



ダイエット関連記事


ダイエットを成功させるには
基礎代謝とダイエットの関係
チョコレートの効能・効果とダイエット
トマトのリコピン成分による美容効果、美肌効果、老化防止でダイエットを成功へ!?
ダイエットにL-カルニチンは強い味方
美しい腹筋のつくり方
絶対に運動しないでダイエット
ダイエットと筋肉
私がダイエット成功したのはワールドスリムグリーンスムージー酵素ダイエットのおかげ
アラフォーがダイエット成功への鍵は基礎代謝
野菜はダイエットの味方?
みかんの知って得する効能・効果
キャベツダイエットの方法と効果
じゃがいもの知られざる4つの効能・効果
人参の効能・効果
乳清の有効活用を調べたら意外な効果に感動!
大根の栄養がなさすぎて驚いた
オリーブオイルの素晴らしき効能・効果
など合わせてご覧下さい。お役に立てるはずです。



にほんブログ村←参考になったらクリックしてね♪

応援してくださると嬉しいです

にほんブログ村←今回の記事が参考になったらクリックしてくださいね♪
(ダイエットを中心とした記事を掲載していますが、少しジャンルが異なるものも食事の重要性、ストレス緩和などの観点から掲載しています。)

ダイエット

アクトスWillGでの私のトレーニング75回目(6/3)
アクトスWillGでの私のトレーニング75回目 スポーツクラブ アクトスは店舗ごとに多少設置してあるマシンが異なると思われるため、私の体験は私の通っている店舗限定の話になると思います。 本日トレーニングを開始(2018年11月1日)から75回目のトレーニングとなります。 5月17日から決めた総重量にこわだわり、極力前回値を上回るトレーニングを意識して行っています。 いつもなら、火曜日に行くのを用事があるために月曜に訪問しました。 結果的に、休息期間が2日となりましたので、かなり疲労感が残った状態でトレーニングとなりました。 先に掲載しておきますが、今こだわっているのは、ライザップのトレーニング時間を意識して、最低50分以上としています。 そして、上記のとおり基本的なトレーニングの内容は、1回の重さではなく、この日のトレーニング時間内にした総重量にこだわります。 本日は、50分以上という時間すら守れていません。 実際のトレーニング時間は、47分です。 3分くらいって感じもありますが、ルールに従わないのは私の中で失敗です。 では、ここからが今日の中

続きを読む

アクトスWillGでの私のトレーニング74回目(5/31)
完全栄養食のベースパスタ実食!
アクトスWillGでの私のトレーニング73回目(5/28)
アクトスWillGでの私のトレーニング72回目(5/24)

「ダイエット」記事をもっと見る