海上釣堀で有効な餌について

海上釣堀で有効な餌について

海上釣堀の楽しみ方は人それぞれですが、平均的に
男性1人10000円以上、女性1人7000円以上、子供1人5000円以上とそれなりにお金がかかります。
(通常の朝から昼過ぎまでの海上釣堀の利用の話です。ナイター営業はこの限りではありません。)

更に、交通費、餌代、ガソリン代、食事が必要なら食事代など多種の費用がかかります。

仮に海上釣堀に近い人なら、歩いてでも行けるかもしれませんが、多くの人は海に近くなかったり、どうせ釣りをするのなら、大物を釣りたい!という目標で訪問しているはずです。

私もそうです。せっかく釣るなら、防波堤からは釣れないような大物を釣りたいから訪問しています。

大物を釣るためにはやはり餌にはこだわりたいところです。

狙う魚種ごとに餌は変えざるをえない

基本的な考え方ですが、大きく分けて『鯛、青物』に分けて餌を持っていきます。

鯛・・・練り餌など
青物・・・活餌、切り身

という感じが基本だと思われます。
ただ、大雑把な話として上記の話は頭の片隅に残す程度で構わないと思います。
何故なら、練り餌を使ったら、鯛が必ず釣れるという話ではないからです。

実際、私は、練り餌で、鯛、シマアジ、ブリ、ハマチ、ワラサなどを釣っています。
また、活餌を使ったことないので書けませんが、切り身や内蔵などでも十分青物を釣っていますし、切り身を使って鯛も釣れています。
ですから、この餌だとこれしか釣れない、ということは絶対にありません。

しかし鯛狙いなら、鯛用の餌を使ったほうが鯛が釣れやすいのは間違いありません。
同様に、青物を釣りたいのならば、青物用の餌や活餌を使用するべきです。

あえて今回書かなかったのですが、シマアジはちょっと特殊で鯛用の餌で釣れることが多いですが、餌より仕掛けが重要と感じます。

その話はまた別でします。

鯛を釣るならこの餌

鯛を釣るなら、基本は練り餌と言えます。
私が使用するのは、定番の餌です。

釣りえさ マルキュー 冷凍エサ(練り餌)マダイスペシャル

価格:432円
(2018/10/17 14:48時点)
感想(2件)

マルキューのマダイスペシャルです。赤みがある玉状の冷凍の餌です。もちろん解凍してから使います。エサ持ちも比較的良いですし、餌のローテーションに組み込みやすい一品です。これのみで使ってもいいですし、他の練餌と混ぜても使えます。

釣りえさ マルキュー 冷凍エサ(練り餌)マダイストロング

価格:432円
(2018/10/17 14:51時点)
感想(3件)

同じくマルキューのマダイストロングです。茶色の玉状の冷凍餌です。こちらも同様に解凍して使います。少し固めな感じがするため、エサ取りしていく小魚に壊されにくいという特徴があるため、ストロングなのだと思います。私の場合、よくマダイスペシャルと混ぜて使っています。

釣りえさ マルキュー 冷凍エサ(練り餌)マダイイエロー

価格:432円
(2018/10/17 14:54時点)
感想(4件)

これもマルキューのマダイイエローです。黄色の玉状の冷凍餌です。少し柔らかいイメージがあります。とてもいい匂いがします♪個人的な感想ですが。真鯛に限らずシマアジにも有効な餌です。上記のマダイスペシャルやマダイストロングと混ぜて使ってもいいですし、マーブル状に混ぜてインパクトある餌を作っても使えます。基本的に練り餌は1つだけでつけないで、2つ以上合わせて使うことが多いです。無駄に5つも6つも合わせる必要はないです。しかし、針を覆うことも重要です。明らかに針が見えるように餌をつけると魚が警戒しますので、確実に餌で針を隠すようにつける必要があります。

餌のつけ方は、いろいろあります。通称「涙型」と呼ばれるように針と糸の付け根をチモトといいますが、その部分に向けて尖ったような形にすると、涙のような形になりますので、それを涙型といいますが、基本的にはこれでよいと思います。

マルキューの練り餌のサイトにリンクを貼っておきますので、そちらで特徴をご覧下さい。→マルキュー公式サイト

始めて海上釣堀に行かれるならこれをしてみてはいかがでしょう。

他におすすめするのは、

釣りえさ 魚かし 冷凍エサ(海上釣堀餌)しまあじ

価格:756円
(2018/10/17 15:33時点)
感想(8件)

こちらは、「しまあじ」という名の餌なのですが、掲載する過程で知ったのですが、ばらけるタイプの餌らしいです。これでブリ釣っていますので、シマアジは釣れたことまだないのですが、鯛の餌と混ぜて使うと集魚効果もあってよいと思っています。

こちらは練餌海道のソフトタイプの餌なのですが、ソフトという感じはあまりしていません。マダイスペシャルと同じ感じです。ただ形状がほぼ正方形でして、解凍してから使います。
これと「しまあじ」を混ぜて使ったり私はしています。

こちらは、同じく海上釣堀練餌海道のハードタイプの餌となります。こちらの方がマダイストロング並に固めな気がします。エサ持ちがよいとされていますが、あまり差を感じていません。上記の「しまあじ」「ソフトタイプ」などを混ぜて使っていますが、安定した釣りができますので、気に入っています。

今回紹介した餌は実際にいつも購入しているショップであり、餌として持っていくものだけを紹介しました。
鯛、シマアジ狙いでいつもこの6種類を持参しています。

注意:「しまあじ」に関しては「ばらけるタイプの餌」ということらしいので、海上釣堀によっては、これは禁止の場所があると思われます。三重県では正徳丸さんは多分禁止になると思います。よく海上釣堀ごとのルールをよく理解してから持参してくださいね。

青物を釣るならこの餌

定番は、活餌です。
活餌とは、生きた餌となります。
青物の場合、生きているアジが定番だと思われます。他がダメか?と聞かれますと、正直分かりません。
誰も試しているのをみたことがありません。
ただ、私の知る限り、ウグイというコイ科の淡水魚を使ってヒラメを釣る場所を知っていますので、この限りではないはずです。

ですが、かつおの切り身、えび、きびなご、ヒイカ、イカの切り身、いわし、などなど生エサと呼ばれる部類も有効です。しかし、私は一度もこれらで青物を釣ったことはありません。

私が唯一釣ったことがあるのは、カツオの内蔵です。正直血生臭いし、手は汚れまくりですし、針につけるまで悪戦苦闘するエサですが、効果は抜群です。いつも入れると比較的早い段階であたりがきます。ただしこれが必ずしも青物かは分かりませんが、あたりがあるだけでも嬉しい、って時もあるため、必ず持っていくエサです。

釣りえさ 冷凍エサ 海上釣堀 カツオハラワタ

価格:324円
(2018/10/17 18:14時点)
感想(6件)

これを使っていますが、小さく切る必要があります。このまま使うとかなり大きすぎて針にもつけにくいですし、多分うまく釣れないと思われます。

ちなみに

この「ドラキュラ」という商品を始めて使った時の感想なのですが、表面上には赤いかす漬け?みたいなのが沢山付着してはいますが、中まで浸透しているかは正直不明です。

使いやすいように切って使ってはみたのですが、あたりは一度もなかったので、また試してみたいと思っています。

もう一つ、よく耳にする「鶏のササミ」の黄色の餌ですが、これは過去何度試しても釣れたことがありません。たまにこれで釣られた人を聞きますが、正直どういうタイミングで釣れるのか本当に知りたいくらいの餌です。

餌のつけ方

餌のつけ方は基本的に決まっています。

エビならエビのつけ方、練餌なら練餌のつけ方、切り身のつけ方、などなどほぼ決まっています。
始めて釣りをされるなら、必ず調べればネット上に掲載があります。

持っていく餌ごとに針のつけ方を調べてから行くことが釣果アップ、釣果向上の秘訣です。

なんとなく、自己流は、ほぼうまくいきません。

ここは先人の知恵をかりて釣りしてくださいね。

海上釣堀で有効な餌についてのまとめ

まとめてみますと、必ずこれなら釣れる!なんて餌はほぼないです。

うまくいく餌がその時々の時間、場所、天気、気温などで変わります。

これを必ず持っていけば~というのは、鯛なら練餌です。
青物なら、活餌です。ですが、手に入りにくい時もありますので、必須とは言えないです。

私は活餌を使ったことがありませんが、2回に1回は海上釣堀で釣り上げていますので、必須ではないことが証明されています。
でもよりよい釣果を期待するならばあった方がよいのかもしれません。

また、仕掛けも重要です。青物を釣りたいのに鯛用の仕掛けでは釣り上げるのは難しいです。

全く出来ないということはありませんが、お店によっては青物を釣るのに制限時間があったりしますので、弱らせる、弱るまで待つということが出来ないこともあります。強引なやり取りをする必要がある時もあります。

ですから、釣る対象魚ごとの仕掛けと餌がセットという感じになると思います。

海上釣堀ごとに特徴がありますので、それを自分なりに研究していただくことが釣果向上への近道だと思います。

にほんブログ村←参考になったらクリックしてね♪

応援してくださると嬉しいです

にほんブログ村←今回の記事が参考になったらクリックしてくださいね♪
(ダイエットを中心とした記事を掲載していますが、少しジャンルが異なるものも食事の重要性、ストレス緩和などの観点から掲載しています。)

釣り

三重県 海上釣堀「つりぼりマルヨ」に行ってきました
三重県 海上釣堀「つりぼりマルヨ」に行ってきました つりぼりマルヨという三重県度会郡にあります海上釣堀に行ってきました。 今回は、「つりぼりマルヨ」を紹介します。 つりぼりマルヨの場所 つりぼりマルヨの料金 つりぼりマルヨの営業時間 つりぼりマルヨで釣れる魚種 つりぼりマルヨのタナ つりぼりマルヨで有効な餌 つりぼりマルヨのトイレ つりぼりマルヨの場所 つりぼりマルヨの知っておくべきこと という項目で掲載しています。 興味のある場所へとびますので、利用ください。 つりぼりマルヨの場所 場所は、三重県度会郡南伊勢町方座浦とHPにあります。 地図上では、 となっています。 地図上ではよく分からない感じもありますが、実際に行ってみると、他に施設が何もないのですぐに見つけられます。 こんなに分かりやすい位置にある海上釣堀はここが1番だと思います。 それにいつも行っている錦フィッシングパークと最後に選ぶ道が異なるだけでほぼ同じですから、結構迷わずに行けました。 基本的には、紀勢自動車道紀勢大内山I.Cで降りて、すぐ横に

続きを読む

海上釣堀「つりぼりマルヨ」へ訪問します
「はさま浦釣堀センター」へまた訪問しました
乙女リールが届いた!
三重県 海上釣堀 錦フィッシングパークに行ってきました

「釣り」記事をもっと見る