三重県 海上釣堀「福寿丸」に行ってきました

三重県 海上釣堀「福寿丸」に行ってきました

福寿丸という三重県迫間浦にあります海上釣堀に出かけました。実は、前回掲載しています「はさま浦釣り堀センター」まで直線距離で1.1kmしか離れていません。途中にある鯛のオブジェで左折するか右折するかで行き先が変わる感じです。

今回、「福寿丸」を紹介します。

福寿丸の場所

場所は、三重県度会郡南伊勢町迫間浦1396-9 と表記されています。

地図上の赤い矢印の位置となります。

検索をかけるなら、「福寿丸 三重」「福寿丸 海上釣堀」などで調べられます。

しかし、実際の集合場所はgoogleで検索をかけた場所と異なりますので、こちらの映像をご覧ください。

私が実際に行った際に分かったことを掲載しました。

お役に立てれば幸いです。

HPに福寿丸のこの看板の前に駐車してくれ~という文面があります。どこにあるのかわからないので地図上に掲載しておきましのたので、これで安心ですね。

私はすごく不安だったので早く行って探しました。

が、すぐに見つかりまして、なんだーってなりました。

福寿丸の料金

福寿丸の料金は、HPにも掲載があります。

レギュラーコース

料 金
男性:11,000円  女性:8,000円 子供(中学生以下):5,000円

青物からマダイ、シマアジにイサキ、イシダイなど多彩な高級魚が狙えるのがおなじみのレギュラーコース。大物狙いの腕自慢からビギナーの方まで、男女問わずお楽しみいただけます。

エンジョイコース

料 金
男性:7,000円  女性:5,000円

青物狙いは、ちょっと難しそう、でも海上釣り堀で釣りを楽しみたい、そんなお客様のご要望にお応えし福寿丸では「エンジョイコース」を新設いたしました。レギュラーコースのお客様の渡船の後、AM6:30に出港。ご利用は5時間で料金は男性:7,000円 女性:5,000円レギュラーコースよりお値打ちな価格です。ただしご利用いただける人数に限りがありますので、必ずご予約ください。

となっています。税込です。

貸切も可能です。
平日貸し切り
1~2名様
33,000円/(正会員は30,000円)
3名様
39,000円/(正会員は33,000円)
4名様
44,000円
5名様
55,000円
6名様
66,000円
7名様
77,000円
土日貸し切り
5~6名様
66,000円/(正会員3名で可)
7名様
77,000円
8名様
88,000円

となっているようです。HPに掲載されていますので、ご確認ください。

福寿丸の営業時間

レギュラーコース
営業時間
春:受付午前06:00~終了午後01:30 夏:受付午前05:45~終了午後01:30
秋:受付午前06:00~終了午後01:30 冬:受付午前06:30~終了午後01:30

とHPには掲載されています。

実際の状況は、午前6時半に大体出港となりますが、大体です。
受付は午前6時15分前後に店長さんが軽トラで駐車場にみえます。
すると待っていましたと言わんばかりに、来ている人みんなが一斉に店長のもとに集まります。
そこで受付と支払いを済ませます。
この時に、ライフジャケットを持っていないなら借りてください。有料です。
確か300円だったと思います。

あとは、自分が乗る船を指定されます。
例えば、左側の船、とか、右側の船、とかです。


乗る直前に船の乗り場の一番奥にある釣った魚を入れる「すかり」を1つ持って船に乗る必要があります。
これを忘れると大変です!

あとは、自分の荷物を持って、船に乗って待つだけです。

順番に目的の釣り場まで船で送ってくれます。

人数にもよりますが、30人以上いると、7時前まで待つこともあります。
ですから実際の釣りの時間は6時半開始ではないです。

終わる時間は完全に決まっていて、自主的に早上がりしない限りは、午後1時半ちょうどに迎えの船がやってきます。

ですから、1時15分を過ぎたら、納竿準備を始めるべきです。
皆の迷惑になります。

ちなみに例外もありまして、延長が出来ます。
2時間:3,000円 と掲載にありますので、まだ釣れそう!って思われるなら可能です。
条件は、仲間がいる2人以上のお客さんのみらしいです。
一人だと危ないからかな?

午後1時半に釣り場を船で離れると、数分後には出港した場所に戻ってきます。

あとは、順番に魚をしめてくれますので、自分のすかりの中に入っている札の数字、文字を覚えておいて、呼ばれたら魚をもらいます。

かごに入れられた魚を横にある厚手のビニール袋に入れて、自分のクーラーボックスに入れて、朝の店長の軽トラのあった位置に氷を売っているので、バケツ1杯300円で購入して自分で入れて、終了です。

あとは気をつけて帰るだけです。

福寿丸で釣れる魚種

HP上には、掲載があります。
こちら⇒放流魚種

福寿丸のタナ

これは正直しっかり調べたほうがいいです。

釣り場が全部で何箇所もあり、その場所ごとに深さが違うそうです。
ですから、ここは何メートルとか掲載出来ません。

私が釣った場所は釣り堀のご案内に掲載されているところの、7号でした。

ここの底は、11.4メートルでした。
かなり正確にはかりましたので、間違いないです。

しかし中央にいくほど深いという話もあるので、底を狙うなら11メートルですが、根がかりというかネットがかりが頻発して私は釣りにならなかったので、底を狙うのはあまりおすすめしません。

もちろん、ヒラメがいるのは底なのは間違いないですが、私は狙いすぎて釣りになりませんでした。
実際のみなさんの話を聞いていると、釣れるタナが中間の6メートルくらいだーみたいなことでした。

私がタナをとるために使用しているのはこちらです。


他のものも使ってみましたが、水圧がかかってやりにくかったりしましたので、これが一番おすすめです。

福寿丸の会員カード

福寿丸 友の会 というのがあります。

保証金をお預かりする有料の正会員と無料の準会員の2種類で、正会員、準会員ともに共通の特典として来店ポイントによるプレゼントがあります。正会員の方には、VIPな特典が盛りだくさんご用意されています。

意外だったのは、乗船時に名簿を書くのですが、それを書くとそのまま会員カードを作ってもらいます。
自動的に。

ですから、自分からなりたい、とか言わなくていいのである意味、便利です。
もちろん、勝手に作ってくれるのは、準会員のカードです。

有料のは、1口10万円だそうです。
これもHPに掲載がありますので、興味がありましたらご覧下さい。

福寿丸に限らず釣り初心者の方へ

海上釣堀は多数ありますが、福寿丸にて釣りを全くしたことがない人が一人で戦うにはかなり厳しい場所です。

道具を十分にそろえて行かないと戦いにすらならない場所です。

海の真ん中の釣り場にぽつんと置いていかれて、放流時にのみ店長さん達がくるだけですから、足りないものを購入したり、補足することは不可能です。

ですから、船に乗るまでに全て必要なものは持っていないといけません。

その必要なものが何かが分からない、という現実もあります。

私が必要だと思ったのは、
自分の竿、仕掛け、エサ、タモ、魚をつかむためのプライヤー、飲み物、手ぬぐい、などです。

その他は、ご自分の経験の中で必要のあるものがそのまま必要だと思います。

特に仕掛けは十分な数を持っていく必要があります。
私は針を8回交換するはめになりました。
また、タナ取りもロストしたので、タナ取りも今後複数持っていくことを今回勉強しました。

餌もこの福寿丸では、生き餌がすごく重要でした。

練り餌に全く反応しない釣り場は珍しかったです。
えびなども反応が薄かったです。

海の真ん中にいるため、感じたことですが、風が強いと、結構ウキが流れます。
風下に釣り座を取るとフリになります。

生き餌がウキに合わせて、ネット際まで行くだけならいいのですが、ネットを超えて外に出ることが多発して、釣りになりませんでした。

陸に繋がっている場所がいいなーって私は思いました。あくまで私個人の感想ですが。

福寿丸で有効な竿

基本的には、福寿丸では、1人で2本竿が出せます。

ですから、これをうまく利用して、鯛用の竿、青物用の竿の2種類を同時に出すと効率がいいです。

が、集中して釣りをするとなると、1本しかできないという人なら、1本でも問題ないです。

それほど狭い釣り場ではないため、長すぎない竿なら問題ないですが、常連さんは正直、釣り座を最初にじゃんけんで決めますが、横着なことをする人もいますし、悪びれる様子もなくやりたい放題でもあります。
ですから、自分の釣り座の前でのみ釣るのなら、短い竿もあり、と思います。

福寿丸で有効な餌

皆が一番知りたい話だと思いますが、正直これがいい!というのはないですね。
その時々で、あたりのある餌が違うものです。
私が出向いた日は、「生き餌」がよかったです。

福寿丸のルール

お願い
•福寿丸ではエサは活きアジのみの販売ですので、その他のエサは事前にお買い求めのうえお越しください。
お車でお越しの場合は伊勢自動車道玉城インター下車後、サニーロード沿いに複数軒のエサ店があります。
•タモは数に限りがありますので、出来る限りご持参ください。
•ゴミや余った餌などは海に捨てないで下さい。(筏上の休憩所設置のゴミ箱へ入れてください。)
•乗船桟橋、船上は禁煙です。勿論、ポイ捨ても。
•釣堀内での盗難、紛失、損傷について一切の責任を負いかねます。ご自身での管理をお願い致します。
•貸し竿の破損は修理費、実費のご負担をお願い致します。
•筏への飛び移りはキケンですので絶対に行わないようにしてください。
•スカリはスカリ掛けにお掛けけください。スカリの紛失(海中落下)は弁償となります。
•ライフジャケットはご自身でご用意ください。
•不慮の事故(雷、津波)盗難等、お客様同士のトラブル、駐車場での事故につきましては当方では責任を負いかねます。
•筏への往復のにおける乗船中は、船内では立ち上がらずに低い体勢にてお願いいたします。
ルール(禁止事項)
•竿はお一人様2本まで。ルアー、サビキは禁止です。(貸切筏は複数竿 OK です)
•5m以上の竿は使用禁止です。
•撒き餌は禁止です。(余った餌はごみ箱に捨てて下さい)
•迷惑行為や暴力行為など社会通念上、ふさわしくない行為は行わないでください。
•ペット同伴は原則禁止です。(貸切筏は OK です)
•受付時に必ず乗船名簿を記入ください。
マナー
•筏上では人数に応じたお互いの釣りの妨げにならない適した間隔を保ってお楽しみください。
•休憩用テントは共同スペースですので、個人の方による専有は禁止されています。
•お子様同伴の場合、落水や釣り針の扱いなど、安全には配慮をお願います。
•青物(ワラサ、カンパチ、ブリなど)がかかったら、青物が走ってオマツリになることを防ぐためにも他の釣り人の方にヒットを知らせていただき、他の方はランディングまでご自身の竿を上げてお待ちください。
•特に青物の引きは強烈ですので、タモ入れは皆様で協力してお願いいたします。
•釣り竿の移動および空き筏への移動は原則禁止です。

と掲載があります。
ご利用に当たってをご覧下さい。

福寿丸のトイレ

海上釣堀ですから、海上にトイレがあります。
確かに公衆トイレみたいなのがありますが、てっきり普通のトイレだと思っていましたら、違っていました。

便器の下が海!

下の海が丸見えです。
つまり、排泄物は全て海に捨てるのです。
何が言いたいかわかりますよね?

若い女性ならひくでしょうし、子供も少し抵抗あるかもしれません。

私は抵抗感が強かったです。

また、常連はそれがわかっているからか、人を気にせず、立ち小便・・・

私は不快感を感じましたが、めげずに行けるならそれもありですね。

おっちゃんの釣り一人旅、釣りのベテランさんなら、楽しめるのかもしれませんが、衛生面を気にする人は少し厳しい釣り場かもしれません。

にほんブログ村←参考になったらクリックしてね♪

釣り

「はさま浦釣堀センター」へまた訪問しました
「はさま浦釣堀センター」へまた訪問しました はさま浦釣り堀センターという三重県迫間浦にあります海上釣堀に出かけました。 三重県 はさま浦釣り堀センターへ行ってきましたにて、情報を公開していますが、今回も、はさま浦釣り堀センターへ訪問しました。 やはり何度も行くのは、魅力があるからです。 やはり釣り人側からすると、求めるサービスは、ただ一つ。 沢山釣れること、です。 それを満たしてくれる場所として訪問しましたが、本日の釣果はそれほど良いものではありません。 真鯛1匹、ヒラマサ1匹、ハマチ1匹、以上でした。 もっと釣れても良かったのですが、残念です。 また早上がりしたのも釣果に響いていますが、全く釣れる感じがしないため、そうしました。 5時間だけ釣って終了です。 2時間ほど早く上がっていますが、長くいれば釣れるというものでもないので、諦めました。 この時期はタナ合わせが難しいですね。 底の方であたりがあるのですが、ない場所、ある場所に差があります。 他の海上釣堀でもそうですが、釣り座により釣果に差が出る

続きを読む

乙女リールが届いた!
三重県 海上釣堀 錦フィッシングパークに行ってきました
三重県 海上釣堀 正徳丸に行ってきました
三重県 海上釣堀「福寿丸」に行ってきました

「釣り」記事をもっと見る