三重県 海上釣堀「つりぼりマルヨ」に行ってきました

三重県 海上釣堀「つりぼりマルヨ」に行ってきました

つりぼりマルヨという三重県度会郡にあります海上釣堀に行ってきました。

今回は、「つりぼりマルヨ」を紹介します。

つりぼりマルヨの場所
つりぼりマルヨの料金
つりぼりマルヨの営業時間
つりぼりマルヨで釣れる魚種
つりぼりマルヨのタナ
つりぼりマルヨで有効な餌
つりぼりマルヨのトイレ
つりぼりマルヨの場所
つりぼりマルヨの知っておくべきこと
という項目で掲載しています。
興味のある場所へとびますので、利用ください。

つりぼりマルヨの場所

場所は、三重県度会郡南伊勢町方座浦とHPにあります。

地図上では、

となっています。

地図上ではよく分からない感じもありますが、実際に行ってみると、他に施設が何もないのですぐに見つけられます。

こんなに分かりやすい位置にある海上釣堀はここが1番だと思います。

それにいつも行っている錦フィッシングパークと最後に選ぶ道が異なるだけでほぼ同じですから、結構迷わずに行けました。

基本的には、紀勢自動車道紀勢大内山I.Cで降りて、すぐ横にある「えさきち」で餌を調達して行くのが無難です。
もちろん、餌屋さんはたくさんあるので買い忘れがあるとか、生き餌を買いたいとかの時に大変便利です。トイレもいけるし。
あと隣がファミリーマートなので、朝食、昼食の準備も出来ます。

カーナビで検索する場合「つりぼりまるよ」でちゃんと出てきました。
ネット上で検索するときも「つりぼりマルヨ」で十分検索可能です。

つりぼりマルヨの料金

基本
男性・・・11,000円
女性・・・8,000円
子供・・・5,000円

貸切 平日
大マス・・・88,000円~
小マス・・・66,000円~

平日
12メートル筏  8名様88,000円
※9名様から一般料金が発生します。
9メートル筏   6名様まで66,000円
※7名様から一般料金が発生します。

貸切 土・日・祝
大マス・・・110,000円~
小マス・・・88,000円~

土・日曜・祭日・GW・盆・年始

12メートル筏  10名様まで110,000円
※11名様から一般料金が発生します。
9メートル筏   8名様まで88,000円
※9名様から一般料金が発生します。

年末

12メートル筏  12名様まで132,000円
※13名様から一般料金が発生します。
9メートル筏  10名様まで110,000円
※11名様から一般料金が発生します。

弁当
700円

↑駐車場から見たマルヨのイケス

つりぼりマルヨの営業時間

基本的にはまず火曜日が定休日です。

そして、営業時間はあくまでだいたいですが、夏場と冬場で分かれているようです。
実際にはつりぼりまるよのHPを見て確認してもらったほうが確実です。

基本は、
夏場 午前6時半から午後1時半まで。
冬場 午前7時から午後2時まで。

この時間が釣りの時間です。

受付は
夏場 午前5時半から6時までの30分間
冬場 午前6時から6時半までの30分間

となっています。

それにここ最近(平成30年より)は、坊主保証がなくなったと書かれていました。

つりぼりマルヨで釣れる魚種

つりぼりマルヨのHPに掲載がありますので、それを掲載しておきます。
★通常放流★
カンパチ、ワラサ、マダイ、ハマチ、ツバス、シマアジ、イサギ
★時季により★
イシダイ、ヒラマサ、ブリ、クエマス、ハタマス、クロメその他

と掲載されています。

基本的には、鯛、青物、シマアジ、と見てもらえればよいと思います。
6月の訪問時はイシダイが入っていました。

気をつけるべきは、他店と異なり坊主保証がありません。

坊主になっても、鯛1匹すら持って帰れないということが起きる!ということに。

つりぼりマルヨのタナ

全部でイケスが8箇所あります。

この映像を見てもらっても分かるように、8箇所のイケスがあります。
マルヨのHPにもありますが、陸から近い順に番号が振られていて実際に私が釣りをしたのは、3番です。

生簀に番号のついた白い看板がありますので、一目瞭然です。

この3番のイケスのことしか分からないので、ここから書く事が全て正しいとはなりませんが、参考程度に見てください。

深さは、私が調べた感じだとイケスの網付近は、7メートルくらいです。
中心部はもっと深い可能性はありますが、大きな差はないようでした。
底が7メートルなので、釣れる場所は季節により異なると思われますが、普通は、底から攻めるでしょうから7メートルより上から攻めるのがよいと思われます。

見ていて思ったことではありますが、釣れる場所っていうのがありましたね。わかりやすく。

釣れない場所はずっと釣れない、そんな場所までありました。
どうしても魚がたまりやすい場所があるのだと思われます。

どこを選べば確実か、という話は正直分かりません。
毎回同じ場所に魚がたまるのか、潮の満ち引きに関係があるのか、そのあたりは数をこなさないと分からないです。
ただ、釣れる場所というのは確実に存在しました。

つりぼりマルヨで有効な餌

つりぼりマルヨのHPの釣果のページを見ると、餌も一緒に掲載されています。

一番多いのが「シラサ」でした。
シラサとは、シラサエビのことです。
釣り餌としては、生き餌にあたります。
シラサエビは尻尾を動かすことで誘いをかけてくれるようです。
実際、えさきちで購入したシラサエビで鯛は沢山釣れていますし、釣れるのも見ました。
かなり有効と言えます。

練り餌、生き餌、切り身などほどどれもしっかり効果を感じられましたので、これが特別いいとは言いにくいです。

つりぼりマルヨのトイレ


を見てもらうと分かりますが、つりぼりマルヨのご利用案内に掲載があります。

海へ桟橋を渡った横にトイレがあります。
向かって左側が女性用、右側が男性用となります。
女性用は扉がついているタイプ。
男性用は丸見えな感じでした。

注意事項としては、他の方の記載で、大便は出来ないって書いてありましたが意味が分かりませんでしたが、行ってみてよくわかりました。

元々、トイレの前に「大便禁止」と分かりやすく書いてあります。

では、どうしたらいいのか。
この場所にくる途中に漁港があります。
そこにある公衆トイレに自転車で行ってくれという形でした。
受付所の前に3台の大人用自転車がありますので、それで来た道を2・300m戻るとトイレに行けます。
道路沿いにあるので、すぐに分かります。

ともあれ、少し海にダイレクトにするトイレですから抵抗があるのは否めません。
そういうことを理解して行かれたほうがいいです。

つりぼりマルヨの知っておくべきこと

・駐車場が確かに少ない。
・真鯛が他店より引きが強いという話は本当で、どれもサイズが大きめ。
・トイレが海に直接流すタイプ
・餌が一切買えないため、事前に持ち込まないと確実に困る
・三重県の海上釣堀には珍しく、ヒラメが入っていない
・竿は一人1本。貸切は2本だして良い。
・イケスの外に向けて釣りをしていいかは分からないが、特に注意されなかったので、外に向けて釣りをしていてもいいようだ。
・一応陸続きなので、はさま浦釣り堀センターや正徳丸と同じ。
・タモ、スカリは無料で貸し出される。
・1~6号までの枠は12メートル四方のイケス。7・8号の枠は9メートル四方のイケス。
・釣り堀内でサビキ、撒き餌、ルアーは禁止。
・生簀の足場が2メートルとかなり広い設計だが、通路の都合で釣りにくい場所があるとあったが、特に苦にならなかった。
・平成30年よりボウズ保証がなくなった!
・火曜日が定休日
・自販機が事務所手前にあるので、大変便利でした。
・氷はバケツ1杯300円

にほんブログ村←参考になったらクリックしてね♪

釣り

三重県 海上釣堀「つりぼりマルヨ」に行ってきました
三重県 海上釣堀「つりぼりマルヨ」に行ってきました つりぼりマルヨという三重県度会郡にあります海上釣堀に行ってきました。 今回は、「つりぼりマルヨ」を紹介します。 つりぼりマルヨの場所 つりぼりマルヨの料金 つりぼりマルヨの営業時間 つりぼりマルヨで釣れる魚種 つりぼりマルヨのタナ つりぼりマルヨで有効な餌 つりぼりマルヨのトイレ つりぼりマルヨの場所 つりぼりマルヨの知っておくべきこと という項目で掲載しています。 興味のある場所へとびますので、利用ください。 つりぼりマルヨの場所 場所は、三重県度会郡南伊勢町方座浦とHPにあります。 地図上では、 となっています。 地図上ではよく分からない感じもありますが、実際に行ってみると、他に施設が何もないのですぐに見つけられます。 こんなに分かりやすい位置にある海上釣堀はここが1番だと思います。 それにいつも行っている錦フィッシングパークと最後に選ぶ道が異なるだけでほぼ同じですから、結構迷わずに行けました。 基本的には、紀勢自動車道紀勢大内山I.Cで降りて、すぐ横に

続きを読む

海上釣堀「つりぼりマルヨ」へ訪問します
「はさま浦釣堀センター」へまた訪問しました
乙女リールが届いた!
三重県 海上釣堀 錦フィッシングパークに行ってきました

「釣り」記事をもっと見る