ranking-header-3

応援してくださると嬉しいです

にほんブログ村←今回の記事が参考になったらクリックしてくださいね♪
(ダイエットを中心とした記事を掲載していますが、少しジャンルが異なるものも食事の重要性、ストレス緩和などの観点から掲載しています。)

うずらの孵化後のポイント
うずらの孵化後のポイント とうとう7月19日(加温後16日目)に最初の孵化が始まり、1日かけて15匹が次々と生まれてきました! 最初の2匹は生まれた直後くらいに発見しました。 もう少し早く見つけられたら良かったのですが、数分前に帰宅したばかりだったので、限界でした。 さて、今回の内容は、この生まれたばかりの鶉(うずら)のひなをどのように育てていくか、です。 孵化後は絶対に外に出してはいけない 鶉(うずら)を卵から育てる方法でぼやっと掲載していますが、詳しく調べました。 まず、最重要なのは、生まれたての鶉(うずら)のヒナは、身体が濡れています。 この濡れた身体を乾かさないまま外の気温に触れると一気に身体が冷えて亡くなります! そこで生まれた場所にそのまま放置するのが最大のポイントです。 適正温度は、孵化の時と同じで37度前後です。 特に35度を下回ったり、暑過ぎはよくないですので、やはり外に出さないことが肝心です。 かわいい!と言って、手に乗せてやろうというのはダメってことですね。 私が個人的に今回孵化後の経過を見ていて感じた

続きを読む

うずらの有精卵孵化方法
鶉(うずら)に必要不可欠な砂を調べてみた
鶉(うずら)を卵から育てる方法
三重県 海上釣堀「つりぼりマルヨ」に行ってきました

総合 人気記事